すぐに乳首をピンクにしたい!即効性と効果を求めてみた!乳首の黒ずみ●●で解消!?

何年ものあいだ悩んでいた乳首とデリケートゾーン(まんこ)の黒ずみでが、たった2ヶ月で憧れのピンク色に!
デリケートゾーンの黒ずみをセルフケアだけで完全に解消できた秘密を公開します!

今までデリケートゾーンや乳首の黒ずみが気になっていたけれど、ケアをしたこがない方やどうやってケアをすればいいのか分からない方はこの記事を読めば、デリケートゾーンの黒ずみのすべてが分かります!

 私がデリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみ解消に使ったアイテムはこちら!

デリケートゾーンの黒ずみ悩みは多くの女性が抱えています!

黒ずみの原因

  • 乳首(バストトップ)の黒ずみをケアしてピンクにしたい!
  • デリケートゾーン(まんこ)の黒ずみを薄くしたい!
  • デリケートゾーン(まんこ)の黒ずみはどうやったら解消できる?
  • 美白クリームと石鹸と美容皮膚科いったいどれがいいの?
  • デリケートゾーン(まんこ)が黒いのって私だけ?

これら以外にも女性は、人にはなかなか相談できないデリケートゾーンの悩みを抱えています。

結局なにを使ったらデリケートゾーン(まんこ)や乳首の黒ずみが消えるの?

多くの女性はデリケートゾーン(まんこ)や乳首(バストトップ)の黒ずみ悩みに対して疑問や願望を抱えています。
どうしてもデリケートゾーン(まんこ)の黒ずみを薄くしたいので色んなサイトを見て、調べることもあると思いますが、ランキングサイトや比較サイト、口コミサイトを見てもどれが自分に合っているのかは素人には分かりづらいことも多いと思います。

そこでまず、デリケートゾーン(まんこ)や乳首(バストトップ)の黒ずみの原因やケア、対策方法の知識をみにつけて、自分自身に合った黒ずみケア方法とクリームを見つけましょう!

■即効でデリケートゾーン・乳首の黒ずみを治す〇〇!

キスハダ(kisshada)

キスハダ

キスハダ(kisshada)は、メラニンの過剰な生成を防いで、デリケートゾーン(まんこ)や乳首(バストトップ)の黒ずみを予防してくれます。

さらにメラニンの働きを抑制し、不要なメラニンを排出させることで黒ずみ改善効果が高いのがポイントです!デリケートゾーンの黒ずみ全てをキスハダ(kisshada)でケアすることができます!

口コミ人気No.1を誇るキスハダ(kisshada)は無着色・無香料・アルコール・鉱物油・紫外線吸着剤不使用で、肌の敏感な方や弱い方にもおすすめです!デリケートゾーン以外にもワキや脇(わき)・膝(ひざ)など体の黒ずみケア&保湿ケアに使えるので、これ1本あれば黒ずみやシミ対策はバッチリです!

キスハダ

公式サイトはこちら

デリケートゾーン(まんこ)の黒ずみ悩みアンケート

夏プールへ行ったとき友達に「Vゾーンなんか黒ずんでない?」と言われて初めて自分のVIOゾーンが黒ずんでいることに気づいた。
Hのとき彼氏に「なんかアソコ黒くない?」と言われてすごくショックでした。
温泉へ行ったとき、どうみても友達の乳首(バストトップ)はピンクで、自分のは黒ずんでいることに衝撃をうけた。
 鏡で自分のデリケートゾーン(アソコ)を見たら思ってたより黒かった!

多くの女性がデリケートゾーン(まんこ)や乳首(バストトップ)の黒ずみで悩んでいるのです!決してあなたひとりではないので、一緒にケアしてピンク色を手に入れましょう!

デリケートゾーン(まんこ)の黒ずみに気づいたらスグにケアを!

普段の生活のなかでは、なかなか気づけないデリケートゾーン(まんこ)の黒ずみ。自分のデリケートゾーン(まんこ)部分って鏡でも使って、じっくり見ないと分からないことがほとんどだけど、一度デリケートゾーン(まんこ)が黒ずんでいることに気づくと、とっても気になってしまいますよね。

また、ビーチや温泉旅行に行く時、お付き合いする男性ができた時などに急に気になり始めることもありますよね。

私の場合は一番最悪なパターンで、彼氏に「まんこ黒くない?」って、ベッドの中で言われて初めて気づきました・・それからしばらく誰にも相談できず、ケア方法も分からずデリケートゾーンの黒ずみに悩んでいました。
毎回Hの時は絶対に電気を消していましたし、彼氏と海やプールに行く時は、なんとなくビキニ一枚だと恥ずかしくて、腰にタオルを巻いたりしていました。

本当に皆さんには、そうならないように自分で確認して早くデリケートゾーン(まんこ)や乳首の黒ずみに気づいてケアしてほしいと思い執筆しました!

VIOゾーンの脱毛がきっかけで黒ずみに気づくことも!

vioゾーン黒ずみに気づくたきっかけは人ぞれぞれで、デリケートゾーンやVIOゾーンの脱毛をして、ムダ毛が無くなりスッキリして清潔になったと思いきや…なんと陰毛で隠れていた黒ずみが明らかになることもあります!

せっかく脱毛してVIOゾーンがキレイになったのにこれでは本末転倒です。

「私が乳首とマンコを、ピンクにした秘密のアイテム!

今すぐ黒ずみケアをしないと取り返しのつかないことになるかも!?

デリケートゾーン(まんこ)や乳首(バストトップ)の黒ずみに悩んでいるなら、ハッキリ言えることがあります!
黒ずみ悩んでいる人は絶対に少しでも早くケアをしてください!

デリケートゾーンの黒ずみの原因は日常生活の習慣のなかにたくさん潜んでいます!しかも黒ずみは放置している期間が長いほどどんどん濃くなってピンクに戻すのに時間が掛かってしまうのです!

ただし、デリケートゾーン(まんこ)はその名の通りデリケートで皮膚が弱い為、間違ったケアや自己流ケアは厳禁です!

私のデリケートゾーン(まんこ)と乳首の黒ずみケアの経験を踏まえながら、デリケートゾーンの黒ずみの原因とケア方法を紹介しますので、一緒にピンクな乳首とキレイなデリケートゾーン(まんこ)を手に入れましょう。

デリケートゾーン(まんこ)・乳首は誰でも黒ずみやすい!?

デリケートゾーンが黒ずみやすい女性
まずはデリケートゾーン(まんこ)や乳首が黒ずむのは、体にとって正常な反応の一つです。

さらに、女性の体の仕組みや生活の中にはデリケートゾーン(まんこ)や乳首の黒ずみの原因がたくさん潜んでいます。

今は黒ずみが気にならなくても、この先何かがきっかけでデリケートゾーンが黒くなってしまうかもしれません。

逆に、今すでにデリケートゾーンが黒ずんでしまっている方は、黒ずみの原因や悪化をなくすことで元の綺麗なデリケートゾーンの色に治すこともできます。

デリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみ9大要因

まずはデリケートゾーン(まんこ)や乳首の黒ずみの原因から見ていきましょう!

デリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみの原因はなんだか知っていますか?考えられる原因は主に9つあります。

  1. 下着などによる摩擦・圧迫からの刺激
  2. 加齢・ターンオーバーの乱れ
  3. 自転車のサドルによるアソコへの摩擦
  4. 食生活の乱れ
  5. ホルモンバランスの乱れも黒ずみの原因になる
  6. ストレス
  7. デリケートゾーン・乳首の乾燥
  8. 間違った洗い方による刺激
  9. 妊娠によるデリケートゾーン・乳首の黒ずみ

デリケートゾーンは皮膚が非常に薄い部分です。例えば、顔だと「目元」の皮膚は他の部分より薄いですよね。

デリケートゾーン(まんこ)や乳首はそんな薄い目元よりも、さらに皮膚が薄い部分となっています。

そのため、もともと下着との摩擦や圧迫、乾燥の刺激をうけやすく誰でも黒ずみができやすいパーツなのです。
そのままにしておくと、どんどん黒くなっていくだけなので、デリケートゾーンの黒ずみができる原因を理解したうえで、正しい対策とケアをはじめましょう。

デリケートゾーン黒ずみ原因1:肌への摩擦

黒ずみの原因 摩擦摩擦は、デリケートゾーン(まんこ)や乳首以外の黒ずみにも言えることですが、肌が黒くなる原因は”メラニン色素”と呼ばれる色素が大きく関係しています。
メラニン色素とは、肌を外的な要因から守るために生成される、茶色黒い物質です。

黒ずみの原因であるメラニン色素は紫外線などによって肌が刺激を受けると、それに反応して生成される色素です。
メラニン色素が発生すると肌に黒ずみが生成され、紫外線などの刺激から肌を守ってくれる働きをしてくれるので、メラニンは肌にとって大切な存在ではあるのですが、必要以上にメラニン色素が生成されたり、その後のケアあがきちんと出来ていない場合、不要なメラニン色素が排出されず黒ずみの原因となります。

メラニン色素と言えば紫外線にあたることによって作られるのですが、摩擦などの刺激によってもメラニン色素は生成されます。
とくにデリケートゾーン(まんこ)や乳首は下着の食い込みや運動時の摩擦のあり、常に刺激されやすいで場所なので、黒ずみやすいと言えます!

デリケートゾーンは他の部位より皮膚が薄く敏感なのは説明しましたが、そんな敏感な部分にも関わらず、カミソリで繰り返し陰毛を処理したり、脱毛などで頻繁に刺激を与えたりすると、そういった刺激に対してデリケートゾーンの皮膚がメラニン色素を生成することで色素沈着を起こして黒ずみが発生します。

その他にも生理用ナプキンやおりものシート、トイレットペーパーの使用など日常生活の中に潜む、あらゆる行為が黒ずみの原因となっているのです。

ぴっちりとした下着や、デザイン重視でナイロン素材の下着を好む女性、更には座ることが多いお仕事の方はデリケートゾーンへの圧迫を受けやすいため多くの方が、デリケートゾーンの黒ずみで悩んでいるようです。

デリケートゾーン黒ずみ原因2:加齢・ターンオーバーの乱れ

基本的に年齢が若い時は肌の新陳代謝である”ターンオーバー”が活発であるため、多少の黒ずみは自然と解消されることもあります。
しかし、加齢やストレス、その他の要因によって、このターンオーバーが乱れることで黒ずみも自然解消しにくくなります。

実はデリケートゾーン(まんこ)や乳首周辺の皮膚のターンオーバーはとても乱れやすく、要因としては下着などによる圧迫や刺激が慢性化しやすいため、毎日のケアや対策ができていないとターンオーバーが追いつかなくなり、デリケートゾーンの黒ずみが目立つようになります。

デリケートゾーン黒ずみ原因3:自転車のサドル

デリケートゾーンや乳首をケアするポイント
頻繁に自電車に乗る方は特に注意が必要なのが、自転車サドルによるデリケートゾーンへの摩擦です。
自転車を頻繁に乗る方は脚の付け根やIラインなどの、まんこ周辺が摩擦によって黒ずみが発生するリスクが高くなります。
特にスポーツ性の高いサドルのシートが固くて小さいタイプは摩擦によるダメージが大きいのでなるべくいサドルは柔らかいものを選ぶように意識したほうがデリケートゾーンの黒ずみのリスクを軽減することできます。

更に自転車だけでなく、ビキニラインはウォーキングや軽いジョギングでも摩擦が起こるため非常に黒ずみやすいですし、デリケートゾーン(Iゾーン)は、性行為によっても摩擦を起こしてしまうので、黒ずみやすい部分です。

デリケートゾーン黒ずみ原因4:食生活

野菜や果物
女性はダイエットを意識する人が多いので、『黒ずみケアに必要な栄養』も不足している場合があります。

ダイエット系のメニューには皮膚の再生等に必要な栄養素が不足しやすく、黒ずみもなかなか改善できません。

不足しがちな黒ずみ予防に必要な栄養素を紹介します。

ビタミンC

美容成分として有名なビタミンCは、デリケートゾーン(まんこ)・乳首の『メラニンの生成を抑制する働き』があります。

ビタミンCをきちんと摂取することで黒ずみが予防できるだけでなく、体全体の美しさも保てます。

鉄分

女性は生理などがあるので男性よりも鉄分が不足しやすいのですが、この鉄分は血液を作るだけではなく、『酵素』の生成にも必要な栄養素で、酵素が不足するとお肌の抗酸化作用(老化防止)が下がってしまうためデリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみの原因につながってしまいます。

たんぱく質

ダイエット中の方はサラダなど野菜中心の食生活になりやすく、その場合に不足するのがたんぱく質です。

たんぱく質はお肌の美容に欠かせないコラーゲンもたんぱく質の一種なので、不足すると綺麗な肌を新たに作る力が低下するので、デリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみを予防するにはとても必要な栄養素です。

デリケートゾーン黒ずみ原因5:ホルモンバランスの乱れ

悩む女性

肌へのダメージや妊娠の他にも加齢によって血行や代謝が衰えることでターンオーバーが乱れて、肌は黒ずみやすくなります。

通常の肌は約28日周期でターンオーバーが行われ肌の細胞が新しくなりますが、30代あたりから肌のターンオーバーが徐々に遅れ始め、50代ではターンオーバーに40日以上かかる場合もあります。
30代をすぎて、デリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみが悪化したりするのはこのためです。

また、女性は男性に比べると、どうしてもホルモンバランスが乱れやすく、ホルモンのバランス乱れると肌の調子が悪くなったりターンオーバーが遅くなったりするので、デリケートゾーン(まんこ)や乳首黒ずみも治りにくくなります。

「どうしてホルモンバランスは乱れるの?」と思いますよね?
以下の理由はホルモンバランスが乱れる原因なのでチェックしてみてください。

睡眠不足
生理周期による乱れ
加齢
過度のダイエット
ストレスを抱えすぎる
お酒の飲み過ぎ

このように、日常生活のなかに、ホルモンバランスを乱す原因が隠れています。
すべてを完全に防ぐのは難しいかもしれませんが、できるだけ回避できるような生活を心がける必要があります。

デリケートゾーン黒ずみ原因6:ストレス

ストレスは肌のターンオーバーやホルモンバランスを乱すだけではなく、体内の免疫力まで低下させることがあります。

免疫力が下がると風邪や病気にかかりやすくなるだけでなく、デリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみも悪化させることがあるので注意しましょう。

デリケートゾーン(まんこ)はどうしても雑菌が増えやすく、ストレスで免疫力が低下しているとデリケートゾーン(まんこ)などに、かゆみも感じやすくなります。

そして、デリケートゾーン(まんこ)を掻いてしまったり、強い力で洗ったりしてしまうことで肌へ刺激が増え、さらなるデリケートゾーン(まんこ)の黒ずみを招いてしまいます。

デリケートゾーン黒ずみ原因7:乾燥

乾燥している肌
デリケートゾーンは他の部分の皮膚よりも乾燥しやすいというのをご存じでしょうか?デリケートゾーンの肌はかなり薄いので潤いをため込む力が弱いため、どうしても乾燥しやすくなります。

乾燥している肌はバリア機能が低下し、外部からの刺激にも弱くなります。
乾燥したデリケートゾーン(まんこ)や乳首はちょっとの摩擦でも過剰にメラニン色素を発生させて、さらにデリケートゾーンの黒ずみが悪化してしまいます。

お風呂上がりなどのスキンケアで、デリケートゾーンは意識しないことが多いですがデリケートゾーンも、しっかりと保湿したほうが良いです。

デリケートゾーン黒ずみ原因8:洗い方を間違えている

バスルーム
日頃からデリケートゾーン(まんこ)を清潔にすることで雑菌も増えにくく、黒ずみも解消しやすいと思いませんか?しかし、デリケートゾーン(まんこ)を強く洗うのは絶対にNGです!

デリケートゾーン(まんこ)は刺激に弱いので、ゴシゴシと強く洗ったり、洗浄力が強いボディソープで洗うと、デリケートゾーン(まんこ)の刺激になってしまいます。

デリケートゾーン(まんこ)への刺激が黒ずみの原因になるので、黒ずみを解消するには正しい洗い方が必要となります。

デリケートゾーン専用の石鹸等を使って、優しく手で洗ってあげましょう。

口コミNo1のデリケートゾーン専用石鹸の効果がスゴイ!

デリケートゾーン黒ずみ原因9:妊娠

妊娠・授乳による黒ずみ
妊娠や出産のタイミングで急にデリケートゾーン(まんこ)や乳首の黒ずみが出てきたという方も多いようです。

特に乳首は色が黒くなるだけでなく、乳輪も大きくなるので初産の方は焦るようです。

通常の肌に起こる黒ずみの原因は、外的な刺激から肌を守るためにメラニン色素が生成され、それらの色素が蓄積していくことで黒ずむのですが、妊娠時は、『体が出産に備えて自らを守るためにメラニン色素の生成が活発化する』ことが妊娠中のデリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみの原因です。

ちなみに、乳首の色が黒くなって乳輪が大きくなるのは、生まれたての視力が弱い赤ちゃんがお母さんのおっぱいを見つけやすくするという役割も担っています。

これら妊娠前後のデリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみは、産後のターンオーバーでじょじょに元の色に戻りますが、適切なケアができていないと完全に元通りにならない場合があります。

お母さん世代の方で、出産後何年も経っているのにデリケートゾーン(まんこ)や乳首が黒ずんでいるという方は、当時のケアを怠っていた可能性があります。

デリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみ予防方法

デリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみやトラブルの改善方法を知って喜ぶ女性
デリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみは、きちんとしたケアをしてあげることで予防することができます。

また、すでにデリケートゾーン(まんこ)・乳首が黒い方も適切なケアを続けることで、元のピンク色に戻すことが可能です!

デリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみ予防は、日々の生活の中で少し気をつければよい事も多いので以下の予防法をチェックしてみて下さい。

そのあとに、黒ずみの改善方法も紹介しています。

デリケートゾーンの黒ずみ予防方法1:きちんと保湿する

デリケートゾーン(まんこ)や乳首に必要な潤い
デリケートゾーン(まんこ)や乳首は、下着や運動時の刺激や摩擦によるダメージを日々受けており乾燥しがちです。
お肌は乾燥すると固くなり新陳代謝が低下して、黒ずみを悪化させます。

人間の肌には元々、天然保湿因子(NMF)という、うるおいをキープする成分を保持していますが、天然保湿因子(NMF)は水に弱いのでお風呂に入ったりすることで、ほとんどが流れ落ちてしまいます。

お風呂上がりや洗顔後に肌が乾燥しやすいのはこれが原因といわれています。

デリケートゾーン(まんこ)・乳首の皮膚は、体の皮膚のなかでも角質層が薄くもともとの保湿力も低いと言われています。

肌が乾燥している状態で摩擦や刺激を受けると、潤っている状態よりも細胞が傷つきやすいので黒ずみになりやすくなります。

デリケートゾーン(まんこ)・乳首は他の部分のお肌よりも、しっかりと保湿する必要があり特に入浴後は前述したようにお肌が乾燥しやすいので保湿クリームなどによるケアが必須になります。

デリケートゾーン(まんこ)・乳首を保湿する際は、顔用のスキンケアでも無添加のものでしたら使えますが、アルコールなど刺激のある成分が含まれている場合もあるので、おすすめはデリケートゾーン専用の保湿クリームを使うことです。

特に”美白効果”のあるものを使えば、デリケートゾーンを保湿しながら黒ずみを解消してピンクにすることができるので一石二鳥です。

デリケートゾーン専用のクリームは、保湿成分、黒ずみケア成分、肌を清潔に保つ成分が含まれており、デリケートゾーンの皮膚に対して刺激になる、アルコールやパラベン・香料が無添加なので安心して使えます。

※ボディクリームやデリケートゾーン専用クリームなどを、まんこや乳首の粘膜部分以外のところへ塗布して保湿しましょう。

粘膜の部分とは、まんこを指で開いた時にピンク色の常にしっとりしている部分です。
小陰唇(びらびらの部分)などは保湿剤や美白クリームを使っても問題ありません。

手元にデリケートゾーン専用クリームやボディクリームなどがない場合は、とりあえずの方法として顔用の化粧水や乳液、クリームなどで保湿しておくとよいです。

デリケートゾーンの毛のお手入れ後やクリニックでの脱毛後などは、デリケートゾーンの皮膚に負荷がかかっているので、いつも以上にしっかり保湿することが黒ずみ予防になります。

モデル・芸能人愛用!注目のデリケートゾーン黒ずみ・保湿ケアクリーム!

イビサクリーム

イビサクリームを使っている紅蘭さん

イビサクリームはモデルや芸能人が愛用していることでも話題になっているデリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみ解消美白クリームです。

スキンケア情報サイト大手のスキンケア大学や人気ファッション誌でも取り上げられ人気になっています。
メディアで話題

イビサクリームのポイントでもある黒ずみ予防には必須となる保湿効果ですが、イビサクリームには8種類もの保湿成分が配合されており、デリケートゾーンをしっかり保湿ケアしてくれます!
これらの成分はメラニンを分解し、乳首やまんこの黒ずみの原因にアプローチするので、デリケートゾーンを本来のピンク色に治してくれます。

イビサクリーム

公式サイトはこちら

体験談・口コミを見る

デリケートゾーンの黒ずみ予防方法2:体を冷やさない

温泉でデリケートゾーンを気にする女性
日本人女性は、冷え性に悩まされている女性がとても多いのですが、体が冷えることで女性ホルモンの分泌量が減るって知ってましたか?

そして女性ホルモンの分泌量が減って体内のホルモンバランスが乱れると、デリケートゾーン(まんこ)や乳首の黒ずみを治してくれるお肌の『ターンオーバー機能』も衰えてしまいます。

肌のターンオーバー機能とは?

ターンオーバーとは別名”新陳代謝”とも言われており、ターンオーバー機能が正常ならば肌表面の皮膚が一定周期で生まれ変わるため、黒ずみの原因であるメラニン色素を含んだ肌も自然と元通りになります。

しかしこのターンオーバー機能は少しのことで乱れてしまい、「女性ホルモンが減るとデリケートゾーンが黒ずみやすくなる」というのは、女性ホルモンとターンオーバーが密接に関係しているからなのです。

昔から『女性は体を冷やしてはいけない』と言われるのは、女性ホルモンが関係しており体のバランスやリズムを崩さない為の言い伝えなのです。

体を冷やさない方法

・冷たいものを飲み過ぎない
・お風呂はなるべく湯船に浸かって体を温める
・冷えやすい場所(指先や足先)を温める
・夏でも羽織るものを用意しておく

冷え対策をしっかりやっておけば、デリケートゾーンの黒ずみ改善も進みます。

デリケートゾーンの黒ずみ予防方法3:たばこ・お酒を控える

働く女性が増えたことで、お酒やたばこを嗜む女性も近年増えてきました。
お酒やたばこは、ストレス解消や気持ちのリセットといった効果もたしかにありますが、あまり過度に摂取するとホルモンバランスを乱してしまう原因にもなります。

たばことデリケートゾーン黒ずみの関係

たばこの成分には”女性ホルモンの分泌を乱す効果”がありるので、喫煙している場合、妊娠しにくくなったり、生理周期が乱れる原因にもなります。

前述したように女性ホルモンが減ると体内のホルモンバランスも乱れてしまい、デリケートゾーン(まんこ)や乳首の黒ずみが消えにくくなってしまいます。

お酒とデリケートゾーン黒ずみの関係

お酒に含まれるアルコールは睡眠を浅くしていまうという悪影響があり、お酒を飲みすぎると熟睡しにくくなります。

きちんとした睡眠がとれていないと自律神経が乱れてホルモンバランスも乱れ、結果デリケートゾーンの黒ずみが悪化しやすくなります。

お酒やたばこの悪影響は男性よりも女性のほうが出やすいため、気を付ける必要があります。

デリケートゾーンの黒ずみ予防方法4:睡眠をしっかりとる

ベッドで睡眠をしっかりとって黒ずみケアができている女性
睡眠不足などが続くと肌も荒れたりするように、お肌のターンオーバーは睡眠中に行われるという特徴があります。

睡眠不足が原因でお肌のターンオーバーサイクルが乱れるとデリケートゾーン(まんこ)や乳首の黒ずみも治りにくくなってしまいます。

上質な睡眠をとる方法

・寝心地のよい寝具を揃える
・寝る2時間以内には食事はしない
・お肌のゴールデンタイム午後10時から午前2時は寝れるように意識する
・寝るときは部屋を暗くする
・寝る前はスマホなど明るいものや刺激を控える

きちんとした睡眠をとることでデリケートゾーン(まんこ)や乳首の黒ずみの予防のひとつとなります。

デリケートゾーンの黒ずみ予防方法5:適度な運動

適度な運動でデリケートゾーンの黒ずみを予防する女性
適度な運動は病気を予防して全身の健康を保つように、運動で体を動かすことでお肌のターンオーバーにもよい影響があります。

ただし、筋トレなどの無酸素運動は体への負荷が強く、ウォーキングや体操など程よい負荷のかかる『有酸素運動』を取り入れてデリケートゾーンの黒ずみを予防しましょう!

おすすめの有酸素運動

・ウォーキング
・サイクリング
・ジョギング
・ヨガ
・水泳
・体操

短時間でもいいので軽めの運動を毎日取り入れることで、デリケートゾーンの黒ずみ予防だけでなく、スタイルキープもできるので見えるところも、見えないところも綺麗になりますよ!

デリケートゾーンの黒ずみ予防方法6:黒ずみを防ぐ食事と栄養素

デリケートゾーン(まんこ)や乳首の黒ずみを予防する食べ物

デリケートゾーン(まんこ)や乳首の黒ずみケアに効果的な食べ物や栄養素はあるのでしょうか?
食べ物で摂取した栄養素は、体を作るもとになったり体の活動に使われたりしますが、直接デリケートゾーンの黒ずみに働きかける食べ物や栄養素はありません。

しかし、きちんとした栄養バランスの食事ができていたら体の内側の環境が整えられ、間接的にターンオーバーがスムーズになったりメラニンの生成を抑えることも期待できます。

肌のターンオーバーが乱れるとデリケートゾーンの黒ずみの原因になることは説明しましたが、バランスの良い食事がとれていないと、ターンオーバーが乱れて黒ずみの原因にもなってしまいます。

デリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみの予防・改善は美白クリームなどの外側からの対策も必要ですが、食事やサプリメントの摂取により、身体の内側から黒ずみを予防することも合わせて行うことでより早く、黒ずみを解消することができます。

そのなかでも特にデリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみケアに必要な栄養素とその栄養素が多く含まれているものを紹介します。

たんぱく質は健康な肌をつくる元になる!

たんぱく質は、美肌には欠かせない栄養素です。
どんなにビタミンなどの栄養素を摂っても、たんぱく質が不足していてはそれらの栄養を運ぶことができません。

たんぱく質は皮膚だけでなく、筋肉・血液・髪の毛など体すべての元となる栄養素で、たんぱく質が不足すると健康が維持できなくなります。

また、ターンオーバー(新陳代謝)の材料にもなり、新しい細胞の生まれかわりを助ける栄養素です。

たんぱく質が多く含まれる食品

鶏ささみ・牛赤身・すじこ・かつお節・煮干し・しらす・卵・チーズ・牛乳等の魚介類や肉類、乳製品

納豆・豆腐・ごま・落花生等の野菜類

などにたんぱく質は多く含まれます。
常に、積極的にたんぱく質を摂ることでお肌を健康的に保つことができます。

たんぱく質の中でも、植物性たんぱく質を多く含む大豆系の食品には、女性に嬉しい栄養素イソフラボンが多く含まれます。

このイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするため、不規則な生活などでホルモンバランスが崩れやすい方は積極的に摂取することをおすすめしますが、食事での摂取が難しい方は植物性たんぱく質を豊富に含む大豆を原料としたソイプロテインの使用もおすすめです。

黒ずみの原因を抑えるビタミンC!

野菜や果物
ビタミンCは美容の栄養素の王様的存在です。
ビタミンCには抗酸化作用があるのでデリケートゾーンの黒ずみだけでなく、シミやくるみのもとになるメラニン色素の増加を抑える働きがあります。

また、できてしまったデリケートゾーンの黒ずみの原因となるメラニン色素を薄くする働きもあります。

ビタミンCが多く含まれる食品

ブロッコリー・みかん・イチゴ・アセロラ・キーウィ・菜の花・ほうれん草・レモン・赤ピーマン等の果物、野菜類

さつまいも・れんこん・じゃがいも等のいも類

などの他、意外かもしれませんがおにぎり等に付いているのりにも100g中に200mg前後といった高い数値でビタミンCが含まれています。
ただし、のりはそんなに沢山食べられないのであくまで補助的にはなりますが…

ビタミンCはサプリメントの種類も多く、比較的リーズナブルに手に入るので常に常備しておくのもよいでしょう。

注意としてビタミンCは水溶性ビタミンのため、一度に沢山摂取しても尿と一緒に流されてしまいますので、一日に少量を2-3回に分けて摂取するのがおすすめです。

女性に必須の鉄分はデリケートゾーンの黒ずみにも効果的!

女性にとって鉄分は、生理などで失われた血液を作るためにも必要な栄養素ですが、不足することで、貧血や冷え性だけでなく、デリケートゾーン(まんこ・乳首)の黒ずみの治りも遅くなってしまいます。

鉄分は血液の中の赤血球と一緒に、酵素を全身へ運んでくれる為、お肌の黒ずみやくすみを改善する働きもあるので、デリケートゾーンの黒ずみを早く治したい方は不足しないように注意するといいですよ。

鉄分は、汗などでも失われてしまう栄養素で、1日摂取目安は約12mg(成人女性)なので、意識しておくとよいです。

鉄分を多く含む食品

牛肉・豚レバー・鶏卵・鶏肉・鶏レバー等の卵、肉類

カツオ・イワシ・干しエビ・海苔・ひじき等の魚介類、海藻類

パセリ・小松菜・大豆等の野菜類

鉄分を含む食品は多いので比較的摂取しやすい栄養素ではありますが、偏食が続いてしまった時や、肉類が苦手な方などは、サプリメントも活用すると良いでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみ予防方法7:ストレス解消

黒ずみが解消して喜ぶ女性
最近は仕事に出ている女性も多く、不満があってもつい抱え込みがちだったり、うまく発散できなかったりする人もいます。

ストレスは様々な体のトラブルの原因にもなりますが、デリケートゾーン(まんこ)や乳首の黒ずみもこのストレスが原因になっている場合があります。

ストレスを溜めすぎると女性ホルモンが乱れ、ターンオーバーがみだれたり、お肌の免疫力も下がってしまいます。

免疫力が低下すると敏感なデリケートゾーン(まんこ)や乳首はかゆみ・炎症を引き起こして黒ずみの原因にもなったりします。

また、デリケートゾーン(まんこ)の場合は常在菌のバランスが崩れて、悪臭が発生する原因にもなります!

デリケートゾーンの黒ずみだけでなく、美しく健やかに生きていくためにストレスを溜めないように日々の中で気持ちをリフレッシュさせる必要があります。

ただし、ストレス解消のためにとお酒を飲みすぎたり、たばこを吸いすぎるのはデリケートゾーンの黒ずみの原因になりますので、軽い運動や、好きな趣味に時間を使うなど、自分自身に合ったストレス解消法を見つけてください。

デリケートゾーンの黒ずみ予防方法8:肌に優しい下着を使う

デリケートゾーン(まんこ)や乳首(バストトップ)の黒ずみは下着による摩擦や圧迫などの刺激が引き金になるため、黒ずみ改善をしたい方は下着の素材やサイズの見直しが必要になります。

では、どのような素材やかたちの下着を選べばいいのでしょうか?

締め付けの少ない下着にする

女性はついつい小さめサイズの下着を選びがちですが、実は小さい下着を着用した場合、足の付け根やお尻のキワ、Vラインなどに黒ずみができる原因にもなります。

ショーツを選ぶ時はウエストや脚の付け根などの鼠蹊部(そけいぶ)に締付け感のないゴムのないものや、平ゴムを使用したタイプ・レース状の優しいゴムのものにしましょう。

さらにサイズの小さい下着は必要以上にピッタリしてしまうため、デリケートゾーン(まんこ)がムレてかゆみ・炎症から発生する黒ずみだけでなく、デリケートゾーン(まんこ)の臭いの原因にもなります。

また、実際のカップサイズより大きいブラジャーを着けている場合、乳首とブラジャーの間に隙間ができてしまうので、乳首への摩擦が増えてしまい黒ずみの原因になります。

このように下着のサイズがデリケートゾーンの黒ずみの原因になるので下着を買う際は、しっかりとサイズを意識して自分の体に合った程よいサイズを選びましょう。

サイドを紐で結ぶタイプのショーツは締めつけ感もコントロールできて、見た目も可愛いのでおすすめです。

肌に優しい素材の下着にする

最近の下着の素材はいろいろありますが、特に可愛いデザインの下着にはナイロンやポリエステル製の素材が多く使われていることがあります。

しかし、ポリエステルなどの化学繊維はムレやすく、摩擦も起こりやすいのでデリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみの大敵です。

デリケートゾーンの黒ずみをケアしたい場合は綿や絹などの通気性の良い天然素材の下着がおすすめです。

購入の際は、『綿100%』や『オーガニックコットン使用』などといった表記を参考にしてみてください。

デリケートゾーンの黒ずみ予防方法9:正しい洗い方をする

デリケートゾーンを洗う
デリケートゾーン(まんこ)・乳首がきれいに洗えていないと雑菌が繁殖して炎症等が起こり黒ずみを治すどころか悪化させてしまう可能性もあります。

デリケートゾーンは綺麗に洗う必要はありますが、強い力でゴシゴシを洗うのは絶対にNGです!

デリケートゾーンの悩みで黒ずみと同じぐらいメジャーな悩みがデリケートゾーンの臭いです。

このデリケートゾーンの臭いも、石鹸やボディソープをナイロンボディタオルなどをつかって体全体と同じようにゴシゴシ洗ってしまうことが原因の場合が多いです。

デリケートゾーン(まんこ)は、常在菌の自浄作用(バリア機能)により膣内を弱酸性の状態にキープして雑菌などの繁殖を抑えています。

石鹸やボディーソープなどでデリケートゾーン(まんこ)をゴシゴシ洗ってしまうと、必要な常在菌も殺してしまいバリア機能が低下することで雑菌が繁殖して、臭いやかゆみが発生してしまいます。

ボディタオルの刺激によってもデリケートゾーン(まんこ)の黒ずみが悪化することもあります。

デリケートゾーン(まんこ)・乳首を洗う時はデリケートゾーン専用の石鹸などを、しっかり泡立てて手のひらや指の腹を使って優しく洗いましょう!
これだけでデリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみの原因となる古い角質や汚れは落とすことが可能です。

最近はデリケートゾーンに悩みを持つ女性が増えたこともありデリケートゾーン専用のソープも登場しています。

デリケートゾーン専用の石鹸は低刺激かつ常在菌を殺さないように汚れだけ落としてくれるのでボディソープでデリケートゾーン(まんこ)を洗っている方や黒ずみ・臭いに悩んでいる方にはもってこいです!

デリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみを治したいなら、今まで以上に優しく洗うように心がけてください。

口コミNo1のデリケートゾーン専用石鹸の効果がスゴイ!

デリケートゾーンの黒ずみ予防方法10:正しいムダ毛処理をする

剃刀が原因の黒ずみ
デリケートゾーンのムダ毛処理は方法を間違えてしまうとデリケートゾーンに大きなダメージを与えるので黒ずみの原因になってしまいます。

自宅でデリケートゾーンの毛や脇毛をセルフケアする場合、カミソリや電気シェーバー、除毛クリームなどを使用する方が多いと思いますが、これらの方法でデリケートゾーンをセルフケア頻繁にお手入れすると、デリケートゾーンに刺激を与えてしまし、黒ずみができることがあります。

自宅でデリケートゾーンの毛や脇毛を処理する際は、比較的肌に負担の少ないペンタイプの電気シェーバーやレディース用の3枚刃以上の低刺激設計のT字型カミソリでお手入れして下さい。

ただ、カミソリの場合は、剃るときの力加減が難しく力を強く入れてしまうとデリケートゾーンを傷つける心配もありますので、なるべく電気シェーバーでの処理がおすすめです。

電気シェーバーは小型のペンタイプだとデリケートゾーンのVIOラインなどの細部まで処理がしやすいです!

デリケートゾーンの毛や脇毛処理の正しい方法

① 事前に保湿をする
デリケートゾーンの毛をお手入れする前にデリケートゾーンの保湿をしておくことで、カミソリなどによるダメージからデリケートゾーンを守ることができます。
②デリケートゾーンの毛が長い場合はハサミでカットしておく
デリケートゾーンの毛が長いと、電気シェーバーやカミソリで処理がしにくいだけでなく引っかかってしまうと肌を傷つける原因にもなります。デリケートゾーンの毛が長い場合は、剃る前にハサミでカットしておきます。
③必ずシェービングジェルを塗る
石鹸やボディソープはデリケートゾーンや皮膚の油分を奪ってダメージを受けやすい状態にするので、デリケートゾーンの毛をお手入れするときは、女性用のシェービングジェルやクリームを使用しましょう。
④デリケートゾーンの毛を剃るときは、上から下に処理する
デリケートゾーンの毛を逆剃り(毛の流れに逆らって剃る)すると深剃りできそうな気がしますが、お肌や毛穴に負担をかけてしまうどころか出血の危険もあるので絶対にやめましょう!

美容皮膚科でデリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみを治す

デリケートゾーン・乳首の黒ずみを治す先生
デリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみを予防したり、悪化を食い止めることは上記で紹介しましたが、より即効性がありしっかりと治して綺麗なピンクにする方法を紹介します。

デリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみを綺麗にする一般皮膚科はないようですが、美容皮膚科(クリニック)やセルフケアでは美白クリームなど様々な黒ずみケア方法があるので、日々の予防と合わせて実践していきましょう!

美容皮膚科での黒ずみケア:塗り薬

美容皮膚科やクリニックでの治療のメリットはセルフケアよりも即効性があることです。

専門医による質の高い治療が受けられるので、短時間で黒ずみ解消が期待できるでしょう。

美容皮膚科やクリニックでの診断内容にもよりますが、デリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみには美白効果のあるハイドロキノンやトレチノインなど効果の高い塗り薬を処方してもらうことがあります。

ただし、デメリットとしては美容皮膚科は保険診療外ですので初診料などすべて実費となりますので、お金はかかると思っておきましょう。
一度の通院で1万円以上することもあります!

また、診察してもらうために陰部をお医者さんに見せないといけないので、恥ずかしい方はセルフケアでもデリケートゾーンの黒ずみをしっかりケアすることができるのでまずはセルフケアから始めてもよいと思います。

■おすすめのセルフケア美白クリームはこちら!

美容皮膚科での黒ずみケア:レーザー治療

美容皮膚科では、シミを消すレーザーと同じ仕組みで、デリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみの元となっているメラニン色素に直接照射し、メラニン色素を少しずつ破壊して薄くする治療方法です。

レーザー治療の施術時の痛みはマシンによりますが、最近のマシンなら輪ゴムでパチンはじかれる程度の軽いものもあります。

レーザーでのデリケートゾーンの黒ずみケアのメリットはなんといっても即効性です。
ただし、デリケートゾーンはシミやほくろに比べ範囲が広いので、1回ですべてのメラニン色素を消すことはできないので複数回通う必要はあります。

レーザー治療のデメリットもやはりセルフケアに比べてお金がかかることです。
もちろん保険はきかないので1回の照射で1万円を超えることもあります。

デリケートゾーンの黒ずみが完全に消えるまでは、数回通う必要があるので、それなりの金額がかかります。

相談の段階でクリニックに見積もりを出してもらいましょう。

デリケートゾーン用の美白クリームで黒ずみをセルフケア!

デリケートゾーン(まんこ)や乳首の黒ずみに悩んでいても、美容皮膚科で治療するお金は出せないや、病院で相談するのは恥ずかしいという方は沢山いると思います。

私自身、そういった理由でデリケートゾーンの黒ずみケアは専用美白クリームを使った自宅で治せるセルフケアを選びました。

最新のでデリケートゾーン専用のクリームは医薬品よりは弱いですが、化粧品よりも有効成分をしっかり配合した医薬部外品というジャンルのクリームがありますので、セルフケアでの効果の実感もかなりできると思います。

お金や時間に余裕のある方は、美容皮膚科でのレーザー治療をしてもよいと思いますが、デリケートゾーン(まんこ)や乳首の黒ずみケアが初めてだという方は、セルフケアから始めてみて最後の仕上げにレーザーというほうが私はおすすめです!

デリケートゾーン専用の美白クリームとは?

デリケートゾーン・乳首の美白クリーム
デリケートゾーン専用の石鹸があるように、デリケートゾーン専用の美白クリームもあります。

最近はデリケートゾーン(まんこ)や乳首の黒ずみを治したいならまずはデリケートゾーン専用クリームなんているの?」と思われそうですが、黒ずみを治すならとても役立ちます。

たとえば、『デリケートゾーンは乾燥しやすい』のはご存じでしょうか?乾燥すると摩擦や雑菌に弱くなるため、潤いを与えないと黒ずみは広がるばかりです。専用クリームでケアするのが基本になっているくらいです。

デリケートゾーン専用美白クリームには、デリケートゾーン(まんこ)や乳首を乾燥から守り、外的な刺激から保護してくれます。

さらに、デリケートゾーン(まんこ)や乳首の黒ずみ解消に効果の高い美白効果を含む製品を使うことで、しっかりと黒ずみの原因となるメラニン色素を減らしていき、ピンク色に変えてくれます。

デリケートゾーン専用クリームを選ぶポイント

デリケートゾーン(まんこ)や乳首専用美白クリームを選ぶポイントはいくつかあります。

美白有効成分のプラセンタエキスが配合されている
値段が安い(コスパが良い)
返金保証期間が長い
保湿力の高いクリームタイプ
保湿保護成分が配合されている
無添加で低刺激

これらの条件を満たしている製品は比較的安定した黒ずみ美白効果が期待できるので選ぶ基準のひとつにしてみて下さい。

プラセンタエキス配合はキスハダ

初回1980円キャンペーン中!

デリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみが治るまでの期間は?

デリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみケアクリーム等は、美白有効成分の効果を利用しながら肌のターンオーバーを整えることで黒ずみを改善していく方法です。

レーザー治療等のように、物理的に直接メラニン色素を分解して黒ずみを治療する方法ではないので、塗った瞬間に黒ずみが消えるわけではありません。

デリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみに変化が見られて、効果を実感できるまでの期間は、元の黒さにもよりますが3か月程度で実感される方が多いようです。

私の場合は、デリケートゾーン用の美白クリームを塗る意外に”黒ずみを予防する方法”も同時に実践していたので1ヶ月程度で変化を感じることができました。

自分でビフォア・アフターの画像等を残しておき変化をチェックしていくのもモチベーションキープにつながったりします。

デリケートゾーン(まんこ)・乳首専用の美白クリーム 使い方

① デリケートゾーンをきれいに洗ってから、デリケートゾーン専用クリームを1円玉程度の量を手の平に出します。
② 手のひらに軽く広げ、デリケートゾーン専用クリームを体温で温めてから、指の腹を使って優しくまんこや乳首に馴染ませます。摩擦が起きないように優しく押し込むように浸透させるのがポイントです。
③ 仕上げにデリケートゾーン専用クリームの量や水分が気になる場合は、軽くティッシュオフして下さい。

デリケートゾーン(まんこ)・乳首専用美白クリーム使用時の注意点

デリケートゾーン(まんこ)・乳首の保湿ケアを使う場合の注意点として、まんこの粘膜にはデリケートゾーン美白クリームは塗らないようにして下さい。

まんこの粘膜内には、外部からの病原菌・雑菌から膣内を守る常在菌が存在しており粘膜にデリケートゾーン美白クリームを塗ると、常在菌を刺激してしまって炎症をおこしたり皮膚炎になる可能性もあります。

デリケートゾーン周辺は皮膚が薄いため、少しの力でも刺激になってしまうので擦り込んだりせず指の腹で優しく使用して下さい。

デリケートゾーン美白クリームを使うタイミング

デリケートゾーン(まんこ)・乳首専用の美白クリームの基本的な使い方は、商品の説明書通りに使用して問題ありません。
基本的には肌をきれいにした状態で1日朝と夜に2回使用することが大切となります。

朝にデリケートゾーン(まんこ)・乳首専用の美白クリームを塗ると、日中の下着の擦れや摩耗から、デリケートゾーンを守る役割があり、黒ずみの悪化防ぎ、予防する効果があります。

夜は、ターンオーバーが活発に行われる為、デリケートゾーン(まんこ)・乳首専用の美白クリームを夜に使用することで有効成分がメラニン色素の抑制・排除を手助けするので、黒ずみ改善がしっかりできます。

朝と夜以外にもデリケートゾーン(まんこ)・乳首専用の美白クリームを絶対に塗ったほうが良いタイミングをまとめました。

アンダーヘアのお手入れ後
デリケートゾーンのヘアのお手入れ後は、カミソリやシェーバーなどで、肌は目に見えない細かい傷やダメージをを受けた状態なので、しっかりと保湿・美白ケアを行う必要があります。
お風呂上り30分以内
入浴後は肌の保湿成分が失われており、非常に乾燥しやすくなっています。
その状態はとてもでダメージを受けやすいので、お風呂上りはなるべくスグにデリケートゾーン(まんこ)・乳首専用の美白クリームを使って保湿しましょう。
夜のお手入れはこのタイミングで良いでしょう。
脱毛サロンに行ったあと
脱毛サロンやクリニックでレーザー脱毛や光脱毛を施術したあとは、肌がダメージを受けやすい状態なので、脱毛に通っている方は朝・夜以外にもデリケートゾーン(まんこ)・乳首専用の美白クリームを塗ってあげるとよいでしょう。

ムダ毛の処理はお肌に負担の少ない最新のSSC光脱毛がおすすめ!

キレイモで無料カウンセリング!

【裏ワザ】デリケートゾーン美白クリームラップ法!

デリケートゾーン(まんこ)や乳首の黒ずみを解消するのに大事なのは、美白クリームの有効成分をメラニン色素が沈着している部分に浸透させることです!

どんなに毎日適切な回数、美白クリームを塗っても衣類や下着にふれて取れてしまっては100%効果を発揮させることはできません。

そこで重要なのはただ塗るだけでなく、じっくり抑え込んで浸透させることです。
そして、乳首の黒ずみに限ってはラップを使うパック方法があります!

※デリケートゾーン(まんこ)はラップでパックをするとムレの原因になるのでおすすめ致しません。

方法は簡単です!

お風呂上りのお肌がきれいな状態で、いつも通りデリケートゾーン専用の美白クリームを乳首に塗ります。
その後、乳首に追加で少しクリームをのせるように置いて、その上から乳首よりもひと回り大きいサイズにカットしたラップを張り付けて医療用テープなどで固定します。

そのまま一晩眠って朝ラップを剥がすだけです!
ラップで乳首を覆うことで一晩中、美白成分が乳首に浸透し続けるので毎日続けることで驚くほどのスピードで乳首がピンクになっていきます!

デリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみ対策に有効な成分一覧

デリケートゾーンのケア
プラセンタエキスターンオーバーの促進・メラニン色素発生を元から抑制・低刺激
トラネキサム酸 …メラニン色素の抑制・肝斑治療に効果あり・低刺激
ビタミンC誘導体 …メラニンの抑制・低刺激・乾燥する場合がある
βアルブチン… 軽めのメラニンの抑制・ αアルブチンは刺激が強い

デリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみ以外のすべての黒ずみに共通うすることですが、黒ずみに対して効果がある成分は、厚生労働省に”美白効果がある”と認可されている成分が対象となります。

数ある美白成分のなかでも、皮膚が薄く敏感なデリケートゾーン(まんこ)・乳首に最適な美白成分は、刺激が少ない『プラセンタエキス』や『ビタミンC誘導体』といわれています。
他には『トラネキサム酸』なんかも有名ですね。

これらの美白成分は、黒ずみに対する美白効果も高く、肌への刺激が少ないのでデリケートゾーン(まんこ)・乳首へのに適しているとされています。

とくにプラセンタエキスは、メラニン色素の抑制だけでなくターンオーバーの促進効果があるので、より早くデリケートゾーン(まんこ)・乳首の黒ずみを解消することができます。

美容皮膚科やクリニックで処方される塗り薬に配合されている『ハイドロキノン』や『トレチノイン酸』といった美白成分は、黒ずみ解消に効果がありまが、肌への刺激が強いためデリケートゾーンに使用した場合トラブルが起こる可能性があります。

使用する場合は医師の処方のもと指示に従って使うようにしましょう。

美白成分 

プラセンタエキス配合はキスハダだけ!

デリケートゾーンの黒ずみを治すなら脱毛をしたほうが良い

KIREIMO(キレイモ)
デリケートゾーン(まんこ)や脇毛の自己処理による肌の負担は思っている以上にの黒ずみの大きな原因でもあります。
デリケートゾーンの黒ずみケアをしたい方やしている方は脱毛サロンや美容皮膚科でのVIO脱毛や脇脱毛をすることをおすすめします。

VIO脱毛や脇の脱毛は、自己処理をする手間がなくなるだけでなく、自己処理による肌ダメージや埋没毛のリスク、刺激による色素沈着が原因の黒ずみを予防することにつながります。

脱毛が完了するまでに多少のコストはかかるかもしれませんが、最近は脱毛サロン料金をかなりリーズナブルに設定しているので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

私はムダ毛の自己処理で特に黒ずみやすい、VIOと脇の光脱毛をしたのですが、通っている間はじょじょにお手入れの頻度が少なくなっていき、今では自己処理しなくても大丈夫な状態になりました!

他には医療レーザー脱毛というのがあるのですが違いを紹介しておきます。

脱毛サロンで行う光脱毛の特徴

光脱毛はフラッシュ脱毛とも言われ、レーザー脱毛と違って痛みが少ない脱毛方法です。
光脱毛はレーザー脱毛に比べて金額は安いのですが、ムダ毛が濃い方は自己処理が必要なくなるレベルまで1年~程度かかります。

しかし、その間にもムダ毛が生えてくる周期が遅くなるので、自己処理の回数が減ってどんどんムダ毛が薄くなるのを実感できます!

デリケートゾーンの肌に負担をかけたくない方や費用をかけられない方にはとてもおすすめです。

ムダ毛の処理はお肌に負担の少ない最新のSSC光脱毛がおすすめ!

キレイモで無料カウンセリング!

美容皮膚科で行うレーザー脱毛の特徴

脱毛サロンで行う光脱毛より料金的はあがりますが、より早く効果を実感したい場合は美容皮膚科やクリニックで行っているレーザー脱毛という選択肢もあります。

レーザー脱毛は施術時に多少痛みはありますが、ムダ毛が濃い方でも半年~1年程度で自己処理が必要なくなるくらいの効果が期待できます

ただしデリケートゾーンの黒ずみケアをしている場合は、なるべく刺激を避けるため、光脱毛がおすすめです。

デリケートゾーンの黒ずみケア まとめ

デリケートゾーンなど女性の美容悩みを解決する先生
デリケートゾーン(まんこ)や乳首、ビキニラインを含む股の周辺などは、皮膚が薄く日常におこる外部からの刺激や摩擦で色素沈着による黒ずみができやすい場所です。

人間の体にはターンオーバーなどの代謝機能があるので、デリケートゾーンの黒ずみも体が自然に修復しようとしてくれます。

しかし、ターンオーバーはあらゆる要因で乱れるのでターンオーバー機能だけに任せっきりだと黒ずみがなかなか治らないどころか、どんどん黒くなってしまうこともあります。

デリケートゾーンはその名の通り繊細で敏感なので、そのままだと修復が追いつかないのです。

デリケートゾーン(まんこ)や乳首は普段は見えない場所ですが、こういった部分のお手入れをきちっとしておくことも女性の身だしなみだと私は思います。

『デリケートゾーンの黒ずみケアは2-3カ月実践して経過をみること!』

日頃のわずかなケアで黒ずみは解消することができるので、もしまだデリケートゾーンの黒ずみケアをしていない方ははじめてみてはいかがでしょうか?

黒ずみケアクリーム比較はこちら